イクイノックスヒーリングメディテーションin逗子 秋分の日

内容

関連画像

 

初開催!

 
秋分の日に特別ヒーリング瞑想ワークイベントを行います。

※イクイノックス【equinox】:「昼夜平分時」、 昼と夜の長さがほぼ等しくなるときの意。

春分・秋分の日
は昼と夜の長さが同じで太陽が真東から昇り真西に沈みます。

そのため古来より西に位置する彼岸(極楽・天国)と東に位置する此岸(この世)が最も通じやすい日とされていました

この日は内なる自分(真我、プレゼンス、ハイヤーセルフ)とも特につながりやすい。
 
春分も秋分も昼と夜が同じ長さなので、仏教などでは「苦」「楽」「有」「無」にとらわれない中道を象徴した日とも考えられていました。
 
シャーマニックな技法で創り上げられた空間で「内なる神」につながり現実を動かす&ものごとに囚われないといった意図を込めた瞑想ワークにはもってこいの日でもあります。

どのような瞑想ワークになるのかはご参加のみなさんの状態やそのときの情勢次第で流動的に変わっていきます。

そのため春分・秋分と年に2回この中道の日はあるものの、一生に一度の機会になるイベントとなるかもしれません。

会場は逗子海岸(最寄り駅は逗子葉山駅)のウェアハウスを貸切で行います。
 
イベントの後は(コロナ対策をしている店などで)
おいしい食べ物を食べたり
(↑Seedling Kitchin 逗子にて)
 
海に遊びにいったりして
 
ちょっとした休日を味わってはいかがでしょう。
 
これは、どなたでも参加できるイベントです。
 
このヒーリングイベントでは、古代インドの行法や近代インドの行法及びハワイのフナや西洋の古典エソテリックな秘法をベースにシャーマニズムな技法や脳科学、生理学、近年のマインドフルネスなどの様々なノウハウをホリスティックな観点で取り入れ、はじめて瞑想ワークを行う方にとっても、無理なく自然に瞑想ワークに入れるよう環境を整えた場でのヒーリングが行われます。
 

 

ヒーリングの場の心地よさに浸ることで、エネルギー的に歪んだところや身体の滞りなどをほどくとともに解放されていきます。
 

 

それに伴い整えられた場で徐々に自分の状態を心の眼で観察する力が育まれていきます。
 

 

執着していることから少しずつ解放されることによって、感情も次第に穏やかになり、どのような時でも冷静に自分の状態を観るとともに、周りのことも観れるようになる。
 

 

そのように過ごすことで「素の自分」そのままの「存在」という感覚に戻っていくという体験をしていきます。
 

 

ほんのひととき、心や身体に流れる光や風をぜひお楽しみください。
 
 
〇治療、ヒーリング、セラピーの仕事をしている
〇責任を抱えている
〇目標やビジョンをもってアクティブに過ごしている
〇もっとパフォーマンスをあげたい
〇最近イライラしている
〇なんか最近うまくいかない
〇頭がクリアな感じがしない
〇なんとなくストレスで重く感じる
〇気持ちがもやもやする
〇よく眠れない
〇酒タバコがやめられない
〇グラウンディングしたい
〇ヒーリングが必要だと感じる
 
ご参加の皆さんそれぞれがご自分にとって必要なオリジナルのインスピレーションやエネルギーを受け取るので、個々人によって体験はまちまちになります。

会場アクセス
最寄り駅(逗子駅 徒歩10分  逗子・葉山駅 徒歩5分)
 

 
開催日
2020年09月22日 (祝)10:45~13:45(開場10:40)
定員
限定5名
特典
瞑想会の後、状況が許すようなら昼食を皆さんと一緒できたらとも思っています。(予約はしておりません。)
コロナ渦の影響だけでなくワーク後の意識状態によって状況は変わります。
金額
10,000円
会場
神奈川県逗子市逗子6-7-1
「WAREHOUSEの石塀」(赤いドアが目印)
逗子駅より徒歩10分
逗子・葉山駅より徒歩5分
ですが、少しわかりづらい場所なので余裕をもってお越しください。
地図
大きな地図で見る
イクイノックスヒーリングメディテーションin逗子 秋分の日 申し込み