コードカッティング・セッション

エネルギーコード・カッティングセッション

 

●セレナイト・ソードによるカッティング・セッション

 

宝石紫古い人間関係を断ち切りたい。 

 

宝石紫望ましい人間関係を構築したい。 


宝石紫新たな出発をする。 

 

宝石紫物事が思うようになかなか進まない。 

 

という方にお勧めです。 

 

 

無意識につながっている絆(感情コード) 

 

氣や目に見えない精妙な領域・エネルギーの世界において人間関係や恋愛などは、自然と強いエネルギー的な「つながり」ができてしまうものです。 

 

 

たとえば 

 

恋愛なら、好きな相手に支配されてしまうようなつながり

 

会社なら、上司や先輩から圧力がかかってくるようなつながり

 

家庭なら、父母といった支配的なつながり 

 

こういった関係性は全て、

 

人の価値観や欲や意思といった“エゴのシステム”によってエネルギーの流れがコントロールされ支配されやすい側面があります。 

 

 

 

 

エネルギーコードカッティングとは

(感情コードのカッティング) 

 

エネルギーコードカッティングは、不要になった関係性のコードを断ち切ります。 

 

既に会わなくなっていた人や

距離をとろうとしている人と

 

繋がっていたエネルギーのコードが切断され解放されることによって、エネルギーの浪費や無駄使いがなくなっていきます。 

 

それによって本来の自分自身が持っているパワーを取り戻すことができます。 

 

全ての関係性はエネルギーのコードでつながっていると思っておくといいでしょう。 

 

前職での人間関係や

別れた異性との関係など、 

 

あわなくなってもその相手とのつながりの影響は数年間は影響をうけてしまいます。 

 

そのため知らず知らずのうちにエネルギーが奪われたり、浪費していることもあるのです。 

 

セッションでは、その感情コードを断ち切り、相手とのつながりをリセットします。 

 

そのことで、それまでのエネルギー的な束縛から解放されます。 

 

その結果、自分が使うべきことにエネルギーを注力しやすくなることでしょう。 

 

もし、いま現在、物事が思うようになかなか進まないという方にお勧めのセッションです。 

 

エネルギーコード・カッティングと共に、チャクラの調整やオーラの浄化なども行います。

 

 

使用するセレナイト・ソード

・大天使ミカエルの聖剣(セレナイト) 

この一番手前の長剣が大天使ミカエルのセレナイト聖剣です。

 

 

・概ねのプロセス

大天使ミカエルのエネルギーまたはクマラとつながり、エネルギーフィールド(オーラ)にあるネガティブなエネルギーコードを断ち切ってくれるよう祈り、カッティングします。(※ミカエルはコードカッティングが得意です。)

 

セレナイトの剣で、エネルギーフィールド(オーラ)の周辺を撫でるように上下、前後に動かしてカッティングします。

 

これにより、有害なつながり(コード)が全てカットできます。

(※セレナイトは、天使のエネルギーを持つと言われる乳白色の結晶です。)



特にコードカッティングのセッションでは、セッション後の過ごし方なども大切になります。

 

なぜなら、無意識のうちに日頃の思考習慣や生活習慣で、また同じつながりを再生させてしまうからです。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

その例を以下でご紹介します。


(セラナイトソードセッション以外での対応は?↓)

 

※なお、以下は講座などでお伝えする内容とかぶりますので、状況によっては突然非公開とする場合もありますことをご了承願います。

 

 


●プロテクションスプレー


プロテクションの効果がある結界スプレーのVishnuを首の後ろや必要な場所に振りかけます。


こちらはハカラウ・ショップでお求めください。




 



セルフワークでのカッティングも行うといいでしょう。

●コードカッティングのイメージワーク(宿題)

 

(セッション後、コードが復活しないようにするためのワーク)

 

①ハートに意識を向け、ディバイン(ハイヤーセルフ)とのつながりを感じて感謝をします。そしてこれから行うワークをサポートしてくれるようお願いします。

 

②断ち切りたい対象(人、モノなど)を考え、それらと自分がコードで繋がれているとイメージします。

 

③コードの色や形状、自分の身体のどこでつながっているのか、よく感じます。

 

④そのコードを断ち切るのに、好きな道具(何でも自分がいいと思うもの)を思い浮かべ、コードをズバッと切ってしまいます。

(手刀で実際に切るアクションをしてもいいです。)

 

⑤カットされたそれは掃除機のコードのようにシュルシュルっと縮み、それぞれの体の中に消えていきます。(とイメージします。)

 

⑥解放され、つながりが解けた自由な感覚を味わいます。

 

⑦最後にハートの前でナマスカーラムドラ(合掌)してディバイン(ハイヤーセルフ)に対して、サポートの感謝をしてワークを終えます。





●アファメーション・ワーク(宿題) 

 

コードカッティングのワークの後にアファメーションの課題を提示することもあります。

 

日々夜寝る前に行うアファメーションは以下の内容です。

 

①ハートに意識を向け、ディバイン(ハイヤーセルフ)とのつながりを感じて感謝をします。そしてこれから行うワークをサポートしてくれるようお願いします。

 

②以下のアファメーションをします。

 

「私にとりついている私が望んでいない私以外のエネルギーは、そのまますべてお返しします。

そして、奪われたり、私が注いでしまった私のエネルギーは、すべてお返しいただきます。

私のエネルギーは私のものであり、私の力は私のものです。

私は誰に対しても、それを奪う許可を与えません。」

③最後にハートの前でナマスカーラムドラ(合掌)してディバイン(ハイヤーセルフ)に対して、サポートの感謝をしてワークを終えます。



●プロテクションの意識 

 

自分は自分自身を何があっても守るという強い意識や意図・意思が必要です。 

 

日頃の心構えとしては、

 

噂話にはできるだけ付き合わないこと。 

 

また、他人の話をすべて鵜呑みに信じてしまわないという意識も必要です。

 

このような小さな積み重ねから、エネルギーレベルの急激な低下は、突如おこったりします。

 

どっと疲れた~とか 

 

エネルギー奪われたかな~ 

 

と思ったら、こまめにエネルギー補給するといいでしょう。 

(タンパク質・プロテイン(ホエイ)など有効です。糖質は控えて。)

 

 

執着(すべての苦しみの原因) 

 

囚われている感覚やジャッジするような感覚は執着の表れです。 

 

それは自分が作り出したイメージの積み重ねによってできています。 

 

有害だと感じられる思考はエネルギーを帯びるのでズバッと断ち切りましょう。

 

 

●オーラのバリアを張る

バリアを張るメディテーションもあります。(これは簡単な方法です。)

 

リラックスして座って


鼻から大きく息を吸って、

 

口からゆっくり吐きだします。

 

 

それをしながら同時に、

 

自分のまわりに、


卵の殻のようなオーラがあって

 

それがしっかりと厚い層になって

 

固まっていくイメージを持ちます。

 

身体の前後、上下、左右、と注意を向け

 

それら全体にしっかりとしたオーラ層ができて

 

自分を守ってくれる様子をイメージします。

 

両手の手をオーラの層に向けて

 

バリアを張るという意図を込めて

 

外側に押し出すような動作なども同時に行うと効果的です。



そうすることでメンタル的にベストな状態をに保つことができるようになります。

 

緊張している時などに実践するのもいいでしょう。

 

 


●オーラ・スクレイプ・メディテーション 

  (負のエネルギーを削り取る瞑想)

 

①目を閉じて深呼吸をし、グラウンディングします。 

 

②ハートに意識を向け、ディバイン(ハイヤーセルフ)とのつながりを感じて感謝をします。そしてこれから行うワークをサポートしてくれるようお願いします。

 

③その時の自分の体の感覚やエネルギーを感じて、自分のまわりにあるオーラを感じます。 

 

④さらに身体をリラックスさせ深呼吸を続けながら、今感じている身体の感覚に浸ります。 

 

⑤オーラから、別の人やモノにエネルギーが注がれてしまっているのを、心の目で観て感じます。 

 

⑥そのエネルギーの流れは、まるで光のチューブのように、あなたと相手をつないでいます。 

 

⑦手刀や好きな道具を使って、オーラを元通りきれいな形に削っていきます。

 

⑧表面がなめらかになって、さらに光輝いているところを想像していきましょう。 

 

⑨最後にハートの前でナマスカーラムドラ(合掌)してディバイン(ハイヤーセルフ)に対して、サポートの感謝をしてワークを終えます。

 

ここで扱ったそのつながりは、自分が欲しいと思った時に再生することが出来ます。 

 

しかし今この瞬間は、誰からも解放され自分自身の自由を楽しみましょう。



●ソルトバス 

 

海塩、岩塩、エプソムソルト、ヒマラヤンソルトを入れて入浴しましょう。 

 

それによってネガティブで有害なエネルギーコードは浄化されていきます。



●コードカッティング後のケア 

 

コードを断ち切ったら、健全な距離感で人や物事に接することができるようになります。 

 

最も頑固なエネルギーコードの典型的な例は

 

「身近な人や親密な人とのつながり」 です。

 

たとえば

 

恋愛で言えば、好きな相手に支配されてしまうとか

 

会社で言えば、上司や先輩からの圧力とか

 

家庭では、父母といった支配的なエネルギー

 

それらは全て、人の欲や価値観や信念への執着=”エゴ・システム”によって支配的なつながりがつくられやすいです。

 

このような場合は、頻繁にワークをする必要があるかもしれません。

 

週1回のペースか、毎日、いずれかのコードカッティング・ワークを続けましょう。 

 

慣れてくれば、コードのつながりが自分でも分かってくるようになります。

 

互いを尊重し敬意があるバランスのあるコードなら、自然に健全な関係を結ぶことが出来ることでしょう。 

 

それはお互いの関係性にとって、とてもプラスになります。

 

 

 

カッティングの効果 

 

<人間関係の場合> 

 

切ることによって、その支配者に狙われることもなければ、相手にされなくもなります。 

 

絶縁のきっかけとしては大切なセッションになります。 

 

 

<恋愛の場合> 

 

苦しい執着や後悔の念がある場合やストーカー的な想いや依存的な関係性を断ち切ることができます。 

 

自分でさえ取れなくなってしまった古い恋愛のつながりが全て切れます。 

 

それにより深い悲しみや孤独感から解放され新しく未知の恋愛がはじめられるようになるでしょう。 

 

今までの苦しみや重みがなくなり、嘘のようにスッキリすることもあります。

 

絶縁のきっかけとして、大切なセッションになります。 

 

恋愛が上手くいかない場合には、必須のセッションになるかもしれません。 

 

 

<家族の場合> 

 

身内からくるネガティブな念が取れ、解放されスッキリします。 

 

身内=家族の念は、一番強力と言われたりします。 

 

カッティングすることで、あっさりとした接し方ができるようになり関係性もさらっとなって、何も気にならなくなります。 

 

 

<出来事や物事の場合> 

 

そのことへの執着や苦しみから解放されます。 

 

冷静に客観的になり、明確な決断ができるようになります。 

 

あっさりと割り切って決めることができるようになり、行動もスムーズになります。

 

 

 

インスピレーションで必要だと感じられるようでしたら、お問い合わせください。

 

 

 

コードカッティングセッションをご希望の場合は、備考欄にコードカッティングセッション希望と記載ください。


2019年03月12日